RCiSについて

教授システム学研究センター(Research Center for Instructional Systems; RCiS)は教授システム学の世界的研究拠点を目指す3つの研究部門と事業部門であるeラーニング推進室から構成されています。本センターは実践的フィールドを学内外に有し、高等教育や職業人教育を対象とした研究を展開していることが特徴です。

日本初の教授システム学研究拠点として「教授システム学、インストラクショナルデザインなら熊本大学」というイメージを発展的に具現化し、国内外の研究拠点との連携を進め、企業・高等教育機関などの連携研究組織および本学教授システム学専攻修了生などからなる連携研究員との共同研究を通じて、教授システム学を発展させ、社会に貢献します。
組織のイメージ図

研究部門

 

インストラクショナルデザイン研究部門

  • eラーニングを開発・実施・評価できる高度専門職業人の養成
  • 教授システム学領域の研究者養成

に関する研究を行います。

 

学習支援情報システム研究部門

本学及び高等教育機関一般での教育や、地域における教育等での効果・効率・質の向上を目的として

  • eラーニング等のICT利用教育の企画・推進
  • コンテンツ開発・開発支援
  • オンラインツールやアプリケーションの開発・管理運営

に関する研究を行います。

 

地域連携システム研究部門

  • はたらく世代(主に若年・中年層の社会人)、医療職・教員などの専門職のように、従来の生涯学習とは異なった層が興味をもち、かつ参加が可能なプログラム、および地域や企業における人材養成のニーズに対応した教育プログラムの開発・展開

に関する研究を行います。

 

事業部門

 

eラーニング推進室

本学におけるeラーニング化の企画・推進、コンテンツ開発・開発支援、eラーニング授業の設計支援、アプリケーションの開発、システムの管理運営、その他 ICT利用教育・メディア教育の推進等を行います。