インストラクショナルデザイン研究部門

鈴木克明

センター長 / 教授 ウェブサイト
1959 年生まれ。Ph.D.(フロリダ州立大学教授システム学専攻)。 ibstpi理事(2007-2015)、日本教育工学会理事、教育システム情報学会理事、日本教育メディア学会理事・第7期会長(2012-2015)、日本医療教授システム学会常任理事、日本イーラーニングコンソシアム名誉会員など。主著に「研修設計マニュアル」、「教材設計マニュアル」、「授業設計マニュアル(共編著)」、「教育工学を始めよう(共訳・解説)」、「インストラクショナルデザインの原理(共監訳)」、「学習意欲をデザインする(監訳)」、「インストラクショナルデザインとテクノ ロジ(共監訳)」がある。

研究キーワード
教材設計、授業設計、研修設計、学習設計、評価設計

共同研究したいテーマ
教育実践の点検・改善プロジェクト、専門職が育つ仕組みの構築、その他何でも請け負います。

北村士朗

准教授 ウェブサイト
1961年生まれ。(株)東京海上日動HRAにて企業内教育の企画・開発・実施に従事した後、2005年8月より現職(東大先端研客員研究員を兼務)。研究分野はインストラクショナル・デザイン、eラーニング、企業内教育、授業法、教育ビジネス等。主な著書に「企業内人材育成入門」(共著)

研究キーワード
インストラクショナルデザイン、企業・組織内人材育成

共同研究したいテーマ
イノベーティブにビジネスを牽引できる組織内リーダーの育成、エリートパニック(*)軽減プログラムの開発、災害発生時にSNSを用いて避難所間で資源を融通しあう訓練のための「おたがいさま」カードゲームの開発、AIとビッグデータの人材育成業務での活用
*:組織(企業・官公庁)の構成員が災害などの想定外の事態に対応しきれず機能不全になる状態

合田美子

准教授 ウェブサイト
Ph.D.(Science Education, フロリダ工科大学科学教育専攻)。研究興味:評価とフィードバック、自己調整学習スキル育成の支援法、グローバルラーニング。 青山学院大学総合研究所客員研究員、青山学院大学大学院非常勤講師、大手前大学非常勤講師。 主な著書:「これ一冊でわかるeラーニング専門家の基本 (青山学院大学総合研究所叢書)」(共著)

研究キーワード
学習支援、学習コミュニティ、自己調整学習、ラーニングアナリティクス、アセスメントとフィードバック、多言語教育

共同研究したいテーマ
グローバル学習コミュニティとファシリテーション、自己調整学習と社会的共有調整学習、コンピテンシーベーストトレーニング、企業内教育におけるラーニングアナリティクスの応用、ミクスト・リアリティにおけるラーニングデザイン

平岡斉士

准教授
京都大学 教育学部卒、同 大学院教育学研究科 博士課程修了。博士(教育学)。熊本大学 大学院社会文化科学研究科 教授システム学専攻 博士前期課程修了。修士(教授システム学)。京都大学学術情報メディアセンター/情報環境機構・助教(2007-2013)、京都大学学際融合教育研究推進センター・特定准教授(2013-2014)を経て2014年より現職。

研究キーワード
心理学の教育適用、知的技能学習支援、メディア特性の活用

共同研究したいテーマ
本能的に快適な学習システム設計、メディアの特性の見極めと活用、非同期型オンライン学習におけるフォーラムの機能改善、eポートフォリオ設計支援、ありがたや状態でなく本質的にIDを理解してもらうための方略